• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の続きでございます・・・。


なんとか念願の「下関ふくの日まつり」に行くことができました。

その週末に、関門海峡アラカブ釣りをするので、

確か、関門海峡に住んでいる魚、また、海流の展示がしてあったと

以前行った記憶をたよりに、釣り場の研究に、水族館・海響館(かいきょうかん)

急ぎました。




入ると、関門海峡に住んでいる魚の展示があり、しばし、観察・・・・


2009-02-19-06.jpg


イワシの大群が、頭上の水槽を回遊していきます・・・・。

なるほど、こんな感じで回遊しているんだな。





これまでの人生で、水族館を楽しんでいたのと、まったく180度違う目線で

今回は、魚を見ています。

どういう泳ぎをしているのか、上のほうがすきなのか、中層?

それとも、底のほう?

いや、底にはどんな風にいるの???

って、釣り師の目線で、我ながら、こわい、こわい・・・。


おっと、隣の子供も、なにやら、ぶつぶつ言いながら、魚の研究をしているぞ!!

あー、私の産んだ子供でした・・・・


はなすけ、そんなに、水槽のガラスにへばりつくんじゃありません・・・

なーんてことをいいながら、観察を続けます。



この水族館の目玉は、下関といえば、フグ!!

色んなフグが、たくさん展示されています。

2009-02-19-05.jpg


はい、みなさん、この魚には、いつもエサとりで泣かされていますよね!!

一番、この水槽で驚いたことは、フグは、ヒラメのように、底の砂にもぐって

じっとしていることです。。。。


どおりで、投げ釣りをしていても、かかってくるワケですね~

まったく、どの層でも、ぷりぷりしながら泳いでいます・・・・。

どの層で釣っていても、かかってくるのは、そういうこと。

まあ、小さい水槽で、海の中は、再現できないのは、当たり前ですが

根魚は、やっぱり岩の陰にいます。

メバルくんは、意外と、いろんな層にただよっていました。



こちらの魚は、釣ろうと思っても釣れませんが、あまりの珍しさに、パチリ!! ↓

2009-02-19-04.jpg

若干、ぶれていますが、マンボウです~

大きかったですよ!!



結局、アラカブは、展示されていませんで、泳ぎ方とか、どんな感じで

岩陰にひそんでいるのか、わかりませんでした、残念です~


しかし、海流のスピードの再現装置があり、目で激流を目の当たりに・・・

なぜ、一日に何回も、東から西から流れるのか・・・、

なんてことが、解説されていて、改めて、再認識でありました。


結局、釣りの勉強のなったのか、ならないのか、微妙でありましたが

だいぶ、魚の名前が、すぐに出てくるようになり、

展示されているお名前ボードと照らし合わせて、「正解」「不正解」と

遊んでいました~


ということで、釣果はあのとおりでありました。

これからも、勉強を続けなければ・・・です!!


今のところ、土日の釣行の約束は、ありませんが、

ただ今、土日の天気予報を見て、色々思案中。。。

なにか、報告できるようなことが、あれば、うれしいのですが。。。

今日も、ぽちっと応援クリック、お願いします!
  ↓↓↓ 
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ にほんブログ村 釣りブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。